痛い脱毛は嫌!痛みを感じない脱毛方法は?

脱毛は痛い?脱毛と痛みについて

脱毛の痛みの表現として、輪ゴムでパチンとした時のような痛みを感じるというものがあります。しかし、現在では脱毛器も進化しており、昔よりも痛みを伴わないで脱毛することも可能になりました。しかし、脱毛方法は様々で、適当に脱毛する方法を選んでしまうと、痛みを感じながら脱毛することにもなります。痛みを感じにくい脱毛方法は、どんなのがあるのでしょうか。

クリニックよりもサロンを選ぼう

痛くない脱毛をしたければ、医療脱毛よりも脱毛サロンで施術行った方が間違いなく痛くないでしょう。この2つは、脱毛時に使われるレーザーの出力に違いがあり、医療脱毛は医師だけが取り扱える出力の高いレーザーを用いて脱毛します。サロンなどで行う光脱毛は、誰でも施術できるため、使われている脱毛器のレーザーの出力もマイルドなので、痛みが嫌いな人におすすめです。

痛みを感じにくい部位を選ぶ

毛の生え方や濃さは部位によって大きな違いがあるので、部位によって痛みの程度は大きく変わっていきます。毛の太い所や、毛が多く集まっている所、皮膚が薄い所などは、痛みが感じやすい部位と言われています。全身脱毛するならば別ですが、部分脱毛をする場合、痛みを感じにくい部位から挑戦するのも良いでしょう。脇やVIOは毛がしっかりしているので痛みを感じやすいですが、腕や膝上などはあまり痛みを感じにくい部位となっています。

サロンのSHR脱毛は痛くない

SHR脱毛は、サロンの中でも新しい脱毛方法です。これまでの光脱毛は毛根へダメージを与えて脱毛効果を得るやり方ですが、SHR脱毛はバルジ領域と呼ばれる毛根よりも皮膚に近い部分にある所に光を照射し、脱毛を行います。そのため、従来のマシンよりも痛みを感じにくく、痛みが嫌いな人には特におすすめな脱毛方法となっています。

新宿の脱毛をする際は担当のスタッフから最初に入念なカウンセリングを施してくれるので安心して利用できるはずです。